新着情報

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会により、今年度(平成29年度)のECO-Okinawa募金による活動助成事業を以下の2件に決定し、助成金計29万円を交付しました。
(1)平久保小学校 地域の自然を学ぶ サンゴ礁の環境調査(石垣市・エコツアーふくみみ)
(2)自然素材を使った伝統のモノづくり講座 ー技術の再興ー(国頭村・国頭(くんじゃん)むんじゅくい工房)

■平成29年5月2日、光文堂コミュニケーションズ株式会社様から140,000円のご寄付をいただきました。

■平成29年4月28日、株式会社JCB様と株式会社おきぎんJCB様連名により200,000円のご寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成28年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の2件と決定いたしました。
・小学校と連携しての漂着ゴミの学習(石垣市・わくわくサンゴ石垣島)
・ツアー事業者による利用場所のモニタリング調査手法のマニュアル作成(竹富町・くまのみ自然学校)

■平成28年4月28日付けで、株式会社JCB様と株式会社おきぎんJCB様連名により200,000円のご寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成27年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の2件と決定いたしました。
・バードウォチング・イベントとシンポジウムを通し地域自然資の保全・利活用について考える(やんばるバードウォチング・クラブ)
・西表島浦内川の魚類の多様性・稀少性の普及啓発活動(特定非営利活動法人西表島エコツーリズム協会)

■株式会社JCB様、株式会社おきぎんJCB様および光文堂コミュニケーションズ株式会社様より、平成27年度分として270,000円の寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成26年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の1件と決定いたしました。
・自然体験活動ボランテイアリーダー養成塾(やんばるエコツーリズム研究所)

■株式会社JCB様、株式会社おきぎんJCB様、光文堂コミュニケーションズ株式会社様およびMS&ADゆにぞんスマイルクラブ様より、平成26年度分として370,000円の寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成25年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の2件と決定いたしました。
・国際的な探鳥会(International Bird Festival)開催の可能性に関する調査事(名桜大学国際学群新垣ゼミナール)
・羽地内海におけるヒルギダマシの環境への影響調査(羽地内海の自然を守り育む会)

■株式会社JCB様、株式会社おきぎんJCB様および光文堂コミュニケーションズ株式会社様より、平成25年度分として270,000円の寄付をいただきました。

■株式会社JCB様、株式会社おきぎんJCB様および光文堂コミュニケーションズ株式会社様より、平成24年度分として270,000円の寄付をいただきました。

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成23年度分として200,000円の寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成24年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の2件と決定いたしました。
・沖縄らしい文化的景観回復プロジェクト(今帰仁グスクを学ぶ会)
・沖縄県におけるウミガメ生態調査活動(恩納読谷ウミガメ調査隊・琉球大学ウミガメ研究会ちゅらがーみー)

■沖縄県高校生グリーンデー募金より204,830円の寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金・助成選考委員会が開催され、今年度(平成23年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の3件と決定いたしました。
・GPSとデジタルカメラを使った干潟の調査(恩納村エコツーリズム研究会)
・沖縄における水辺を中心とした外来生物シンポジウム開催(NATUREWORKS)
・名護市屋部川の環境現状把握とエコツーリズム資源の可能性に関する調査(名桜大学 新垣ゼミナール)

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成22年度分として200,000円の寄付をいただきました。
これは、JCBの全加盟店での沖縄美ら島JCBカードのショッピング利用代金の0.1%です。

■光文堂コミュニケーションズ株式会社様より、平成23年度分として70,000円の寄付をいただきました。

■東日本大震災義援金として、300,000円を日本赤十字に納入いたしました。

■琉高商会株式会社様より、沖縄県トータルリビングショウでの募金活動によるものとして3,170円の寄付をいただきました。

■ECO-Okinawa募金実行委員会・助成選考委員会が開催され、今年度(平成22年度)のECO-Okinawa募金による活動助成を以下の3件と決定いたしました。
・COP10生物多様性交流フェアブース運営
・沖縄エコツーリズム情報媒体urumaDo掲載基準検討・冊子編集
・2011沖縄エコツーリズム研究会の開催

■10/23〜29 名古屋国際会議場における生物多様性第10回締約国会議(COP10)に併設された交流フェアにて、ブースを設置し運営いたしました。
ECO-Okinawa募金による助成をブース運営費の一部として活用させていただきました。
簡単な報告はECO-Okinawaブログまで。http://blog.canpan.info/eco-okinawa

■NPO法人日本エコツーリズム協会様より1,000,000円の寄付をいただきました。

■光文堂コミュニケーションズ株式会社様より、平成22年度分として70,000円の寄付をいただきました。

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成21年度分として258,112円の寄付をいただきました。
これは、JCBの全加盟店での沖縄美ら島JCBカードのショッピング利用代金の0.1%です。

■株式会社JTB法人東京様・スターバックスジャパン様・杏林大学様より46,000円の寄付をいただきました。
これは、スターバックスジャパン様、杏林大学様のECO沖縄ツアーよりの寄付と、それと同額のJTB法人東京様からの寄付となるマッチングギフト形式によるものです。

■沖縄県高校生代表者会議グリーンデ―募金様より219,500円の寄付をいただきました。

■光文堂コミュニケーションズ株式会社様より60,000円の寄付をいただきました。
これは、ECO-Okinawaロゴ使用カレンダーの売上の一部にあたります。

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成20年度分として365,697円の寄付をいただきました。
これは、JCBの全加盟店での沖縄美ら島JCBカードのショッピング利用代金の0.1%です。

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成19年度分として476,102円の寄付をいただきました。
これは、JCBの全加盟店での沖縄美ら島JCBカードのショッピング利用代金の0.1%です。
美ら島JCBカードとは

■株式会社JCB様および株式会社おきぎんJCB様より、平成18年度分として114,243円の寄付をいただきました。

■手作り館工房海人株式会社様より、149,800円の寄付をいただきました。
これは、沖縄観光コンベンションビューローより開発・販売していただきました、ECO-OkinawaTシャツの売上の一部(1枚当たり200円)にあたります。

ECO-Okinawa募金の目的
サンゴ礁の海や亜熱帯の森、多様性に富んだ生態系などの自然環境や、それらにつながった生活文化・風俗は、エコツーリズムの推進のみならず沖縄の基幹産業である観光の基盤となる大切な資源です。
これらの資源を直接的に保全する活動や、大切であることを啓発し保全に結びつけていく教育活動を推進することは、沖縄の社会づくりにとって非常に重要な取り組みと考えます。
ECO-Okinawa募金は、この取り組みを支える資金の確保と運用をおこなうことを目的としています。
ECO-Okinawa募金の仕組み
ECO-Okinawa募金の仕組み
ECO-Okinawa募金実行委員会
会 長 花井正光 元琉球大学観光産業科学部教授
副会長 新垣裕治 名桜大学国際学群教授
理 事 緒方修 NPO法人アジアクラブ理事長
理 事 大坪弘和 一般社団法人座間味村ホエールウオッチング協会事務局長
理 事 島袋裕也 NPO法人東村観光推進協議会エコツーリズム部会副会長
理 事 中神明 竹富町観光協会理事
理 事 中村圭一郎 一般社団法人沖縄観光の未来を考える会事務局長
監 事 嘉数晃 沖縄県観光整備課観光資源班班長
ECO-Okinawa募金への寄付
沖縄海邦銀行 本店営業部 普通 0832342
ECO-Okinawa募金実行委員会 会長 花井正光
個人:1口 5,000円より/法人:10口 50,000円より
NPO法人 沖縄エコツーリズム推進協議会 CSRツーリズム