エコツーリズムとは、「持続可能な観光地域づくり」と考えます。 沖縄の恵まれた自然や特有の歴史、伝統そして生活文化を守りながら、持続可能な観光活用を図る仕組みを組み立て、この活動によって対象となる地域に、持続可能な活性化と良好な生活環境がもたらされる、真の意味での豊かさがある地域づくりをすすめるものです。また、沖縄に暮らす全ての人々が、地域の自然・文化・歴史を理解し、愛し、最大の自信と誇りを持って来訪者を迎えられるような”ちむぐくるを育む活動”でもあります。
私たち「特定非営利活動法人 沖縄エコツーリズム推進協議会(英名Ecotourism promoting Council Okinawa略称ECO-Okinawa)」は、持続可能な観光地域づくりを県内各地域において主体的におこなう多様な方々の連携体制であり、このつながりにて沖縄でのエコツーリズムを推進していきます。

沖縄県におけるエコツーリズムの定義

  1. Ⅰ)自然・文化・歴史の適切な保全と持続的な活用
  2. Ⅱ)地域の活性化
  3. Ⅲ)訪問者が適切な案内をうけて地域の自然・歴史・文化とふれあう活動

という3つの要素をみたす観光の考え方

ECOな島をめざして

ECO-Okinawaの考えるエコツーリズムの推進

1.エコツーリズムの展開は地域主体で

沖縄県エコツーリズム推進計画にて、地域とは「沖縄県というくくりよりも小さい、エコツアーの現場も含めた人が集う単位をあらわす。おおよそ市町村単位を意図するが、時に字・集落単位であったり、いくつかの市町村のくくりとして使用する場合もある。」と定義されています。

エコツーリズムの推進には、この地域の主体的な活動が最も重要と考えています。 それはなぜか... read more

ECO-Okinawaの連携体制

以下の団体のみなさんと、緩やかな連携をもっています。

NPO法人国頭ツーリズム協会 NPO法人東村観光推進協議会 NPO法人おおぎみまるごとツーリズム協会 NPO法人ナスク 今帰仁グスクを学ぶ会 羽地内海の自然を守り育む会 財団法人名護市観光協会 NPO法人雄飛ツーリズムネットワーク 恩納村エコツーリズム研究会 恩納読谷ウミガメ調査隊 比謝川地区保全利用協定締結グループ コザインフォメーションセンター 社団法人那覇市観光協会事業課 沖縄県ユネスコ協会 あか・げるまダイビング協会 座間味村ホエールウォッチング協会 社団法人久米島町観光協会 石垣島沿岸レジャー安全協議会 特定非営利活動法人夏花 NPO法人西表島エコツーリズム協会 名桜大学総合研究所 琉球大学観光科学科

NPO法人 沖縄エコツーリズム推進協議会

・地域連携によるエコツーリズムの理念の啓発、推進
・情報把握、意見交換、企画提案、広報

  • 沖縄観光施策への進言
  • 沖縄街づくり施策への進言
  • 沖縄環境保全施策への進言
  • 沖縄環境教育施策への進言 など

CSRツーリズム

企業のみなさまとの連携を

エコツーリズムをキーワードに、観光と環境と教育を結びつける活動をすすめています。

観光の発展がある沖縄、魅力ある自然・文化・歴史があう沖縄、だからこそ可能な、必要な活動です。 この活動に、企業のみなさまとの連携を求めています。
... read more

うるまの窓UrumaDo!
ECO-Okinawa募金
地域活動事例
NPO法人沖縄エコツーリズム推進協議会
〒902-0072
沖縄県那覇市真地329-1
ウェル・カルチャースクール内
TEL 080-2727-1386
FAX 098-958-5568
info@ecotourism-okinawa.jp

※事務所に常駐していませんので、電話連絡をいただきましても留守番電話対応となる場合が多くなります。ご連絡はメールにてお願いします。

News & BLOG